ライフステージにあわせた保険相談を

保険は一度入ったらそれでいいというものではありません。確かに途中で解約すると損をする場合もあります。しかし、自分に合わないものにお金を払い続けているほうが損になってしまうこともあるのです。 例えば、ライフステージが変われば必要となるものも変わってきます。ライフステージとは就職、結婚、子供の誕生、退職など人生の節目を指します。独身だった人が結婚すれば、当然、家族に対してどうしていくのかが問題になりますし、子供の学校のことを考えると学資保険が必要になることもあるでしょう。また、ご自身の老後を考え、収入がなくなったときの医療と生活の保障の両方を考えていかなければならないことも出てくるでしょう。 既に掛けている商品が今の自分にあっているのかどうか、専門家に相談し見直すことは大切なのです。

親身にサポートしてくれる「みつばちほけん」

保険相談を扱っている業者はいくつかありますが、選ぶポイントとしては、無料でできるところ、取り扱っている会社や商品が多いところがいいでしょう。 そこでおすすめしたいのが「みつばちほけん」です。こちらであれば、全国に窓口を持っています。もちろん、無料です。シミュレーションもしっかりしており、取り扱いも生保・損保の両方に精通しています。その場で契約せず、話を聞くだけでも大丈夫です。リスクについてもきちんと説明してくれます。また、加入後のサポートも充実しています。違うところで既に契約している商品に関しても、証書などを持参すればアドバイスも受けられます。 予約制なので、あらかじめ概要を伝えておけば相談にかかる時間がどのくらいなのか予測もたち、安心して訪れることができます。

ライフステージに関係なくても見直しが必要なことも

ライフステージで必要となる商品が違ってくるから見直しが必要というのは、誰しも思うことですが、ライフステージに関係なく見直しが必要になってくることもあります。 医療技術の進歩です。今、医療技術の進歩によって、かつては入院しないとできなかった手術が今は日帰りで行えることになり、保障されていたものが保障の対象外になってしまっているということもなくはないのです。 「みつばちほけん」なら、加入後のサポートを行っているので医療技術の進歩による保障の問題による見直しも逃さずにタイミングよくできます。ずっと支払っていたのに、結局、何の訳にも立たなかったなんてことがないようにしたいものです。プロのいる「みつばちほけん」ならしっかりサポートできます。まずは連絡してみましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加